専業主婦でも自己破産は出来ますか?


お金を借りてその返済が出来なくなってしまった際、最後の手段として自己破産宣告をすることが出来るようになっています。
これは本当にどうしようもなくなってしまった時に行なえる手段として多くの人達に知られていますが、専業主婦はどうでしょう?
専業主婦は、夫の収入で契約することが出来ているわけですが、自己破産することが出来るんです。
しかし、弁護士や司法書士へ依頼しなければいけませんので、その際に発生する料金が必要となるので注意して下さいね。


専業主婦は自己資金が無い

自己資金が無いため、多くの場所で申し込みを断られてしまう事が多いですし、申し込めても夫の同意が必要です。
またカードローンの利用限度額も低く設定されているため、新しい場所を求めてさらに借金してしまう専業主婦もいるようです。
自己資金ならまだいいですが、そう言うわけではないので出来るだけ少額で必要な時にだけ利用することをお勧めします。
一度自己破産をしてしまうと、ブラックリストに登録されて一定期間は金融機関を利用出来なくなってしまいますよ。


ブラックリストには一生登録されるの?

一度でもブラックリストに登録されてしまうと、一生消してもらえないの?と思っている人もいますよね。
カードローンの返済が出来ずに自己破産をし、ブラックリストに登録されてしまうと最長10年は削除されないと言われています。
この間、クレジットの申し込みもローンを組むことも不可能となりますので、自己破産は避けたいものです。

専業主婦と闇金融


近年では、消費者金融や銀行と言ったお金を借りられる場所が増えてきていますので、とても便利になってきています。
しかし、そんな中違法な金利でお金を貸して返済を求めてくる闇金融の存在も増えつつありますので、注意が必要です。
専業主婦は申し込みが出来る場所が少ないからと言って、闇金融に手を出してしまう人もいるようです。
ですが、一度闇金融に手を出してしまうと、借金の返済ばかりすることになったり、勧誘の連絡が酷かったりするんですよ。


専業主婦は名の知れた場所に申し込みを

闇金融に手を出してしまうのは良くないことなので、名の知れた場所に申し込みをしましょう。
確かにお金に困ってしまうと余裕がなくなってしまい、気持ちが焦って闇金融などの甘い誘惑に負けてしまいそうになります。
しかし、一度手を出してしまったら大変なので、ここは落ち着いて名の知れた大手銀行に申し込みをしましょう。
銀行は即日融資してもらえるまでに時間がかかることが多いですが、夫の同意があれば申し込みが可能となっています。


口コミから決める

公式サイトにも詳しいことが書かれていますが、大事なのはやはり口コミや評判だと思うんです。
実際に利用した人達がどんな風に思ったのか、良い部分も悪い部分も知ることが出来るので、良いでしょう。
専業主婦がカードローンを利用する場合は、普段使い慣れている銀行の方が勝手もいいかもしれませんね。

専業主婦はレディースローンを利用しよう!


現在ではレディースローンと言って、女性の為に作られた金融機関があります。
もちろん、対応してくれるスタッフが皆女性なので気軽に相談をしたりすることが出来ますし、安心して申し込みも出来ます。
こちらでは専業主婦の申し込みも可能となっていますから、男性が相手だと威圧感を抱いてしまうと言う人にもおすすめ。
女性の為のプランなどもありますからとても利用しやすいですし、審査も甘くないので信頼することが出来ます。


専業主婦でも使えるカードローン

レディースローンは、基本的に生活費の補助として使われることの多いものとなっているそうです。
しかし、近年ではそれ以外の事に使っている人もいるようですが、それだけカードローンが進化したという事なのかもしれません。
ただ、まだ利用限度額が低めに設定されているため、新しい借入先を見つけてしまう専業主婦もいるそうです。
ですが、そんなにカードローンを利用しなくても、自分でどうにかできることはどうにかするべきだと個人的に思います。


申し込みの際気を付けること

今では直接窓口まで行かなくても、ネットから申し込めるようになっています。
フォーマットに入力していき送信するわけですが、ここで気を付けたいのは入力ミスと記入漏れなんです。
これらがある場合、専業主婦でも審査に落とされてしまうことがあるみたいなので、気を付けるように!

専業主婦が審査に通れるのはなぜ?


どうして働いていないから収入もない主婦が審査に通れるの?と思っている人もまだ多いのではないでしょうか?
専業主婦がカードローンの審査に通れるのは、配偶者が安定した収入を得ているからなんです。
自分が稼いでいるわけじゃないのに?と思った人もいるでしょうが、結婚されている人に関しては話が変わるそうです。
つまり、専業主婦だったとしても夫に収入が無ければ、金融機関への申し込みは出来ないようになっているんです。


専業主婦は在籍確認をされない?

通常では、本当にその会社に勤めているのか、その住所に家があって住んでいるのか確認の連絡が来ます。
しかし、専業主婦の場合は少し変わり、夫の会社に在籍連絡がいくようになっているので、この点には注意が必要です。
もちろん、その金融会社により在籍確認をしないところもありますが、上記が一般的な審査ですので覚えておいてくださいね。
内緒でカードローンを利用したい専業主婦は、そう言った場所を探すしかないのでネット検索で確認を。


返済しやすい

専業主婦でも利用できる金融機関の返済は、比較的返済しやすいよう設定されているのが特徴です。
毎月3千円から返済することが可能となっている場所もありますから、自分が余裕を持って返済できる場所を選びましょう。
金利を比較するのもいいですし、返済日や限度額で決めるのも良いかもしれませんね。

主婦でも審査を受けられる銀行・・・・オリックス銀行の審査について

専業主婦と多重債務


現在では、即日融資や審査をしてくれる金融機関が増えて、顧客を少しでも増やそうと努力しています。
そのせいなのか、近年では専業主婦でも申し込み可能となっている場所が出てきて、そちらを利用している人も多くなっています。
配偶者に安定した収入があるのであれば申し込みが出来るのですが、自分のお金ではないのであまり簡単に利用しない方が◎。
便利だからと言ってカードローンを利用しすぎて、多重債務を引き起こしてしまっている人も中に入るので注意が必要です!


専業主婦が多重債務をしてしまうのはなぜ?

どうして多重債務をしてしまうのか、気になっている人もいるかもしれません。
その理由は、カードローンの借入限度額に理由があり、専業主婦は収入が無いため限度額が低く設定されています。
その範囲内では利用出来ず、新たな借入先を見つけては限度額いっぱいに借りてしまうから多重債務をしてしまうようです。
本来ならしっかり返済することが基本ですが、それが出来ずに借りてしまう為、借金が膨らんでいってしまうんです。


限度額以外にルールを決める

自分の収入があって金融機関を利用するならいいんですが、そうではないので何かルールを決めるのがいいですね。
例えば多くてもいくらまでしか使わない、それ以上使ったら解約をするなど決めておくといいかもしれません。
お金に対してルーズな人の場合は、最初から申し込みをしない方が良いでしょう。