専業主婦の隠れカードローン体験

世の中には色々な男性がいるもので、理解のある旦那さんもいれば自分本位で全て自分のさじ加減で判断して妻を振り回す旦那さんもいます。そして自分の稼ぎを妻に渡すのは良いですが、専業主婦でかつ真面目な方は自分のお小遣いという概念を示さず旦那さんとお子さんのためだけにお金をやりくりしようとします。

そんな日々の繰り返しにより、とうとう旦那さんに内緒で自由なお金を手に入れるためにカードローンの契約をする方も多いのです。ここではそんなストレスが溜まった奥様たちが何の目的でカードローンを利用しているのかをご紹介致します。


主婦の方によるカードローンの使い方とは

今は家族に内緒でカードローンの申し込みをして審査を受けることも可能です。インターネット上で利用明細を確認することが出来るWEB明細サービスを利用すれば、毎月の利用額通知封筒をヒヤヒヤしながら隠す必要もありません。
そうして契約した専業主婦の方々がカードローンを利用する第一の理由は、「自分の時間を豊かにするため」です。お子さんの世話な家事、旦那さんの帰りに合わせての食事作りなど、土日祝日も関係なく働く妻たち。それはとても有意義な生活のようにも見えますが、自分が心からやりたいことも盛り込まないと、人生自体が干からびてしまいます。

自分の時間を過ごすためにはやはりお金が必要です。近所に散歩に行くだけなら良いですが電車に乗りたいという場合には交通費がかかりますし、同じ専業主婦仲間の方とお茶をするのもお金がかかります。こういった交際費や自分の趣味にお金をあてがうためにカードローンを利用します。


専業主婦でも「犠牲」は問題外

自分の趣味といっても、物が増えてしまっては旦那さんにカードローンが見つかってしまう可能性があります。今まで無かったものが突然家の中にあり身に覚えがなければ、誰でもそう思います。
そこで交際費以外の趣味となると「食べること」です。友人と会うことを目的とせず、雑誌で見つけた可愛いカップケーキのあるお店に一人で行ってみたり、行列の出来るカフェに入ってゆったりコーヒーを楽しんだりと、女性ならほぼ誰でも美味しいものが好きなもの。ストレス発散にたまには美味しいものが食べたい、そう考える専業主婦もとても多いのです。

本来ならばそのようなストレスもあまり貯めることなく、しっかり家庭の中で発散出来る場所を持つべきなのですが、あいにく出産後の育児で夫婦の距離が開くケースも多く、一人でお子さんの面倒を見る専業主婦の方のノイローゼ率も年々増加しています。
カードローンで自分にご褒美をあげるというのも手ですが、夫婦の問題はしっかり夫婦で向き合って解決する努力をしてみましょう。